活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参で子宮筋腫予防・改善

子宮筋腫は女性特有の病気で、40代になると25%程度の方が子宮筋腫を持っているとも言われるようになりました。放置すると月経痛が強くなるなどの問題があるので、高麗人参を活用した予防・改善が理想的です。

子宮には胎児を押し出して、出産するための筋肉があります。この筋肉の層にできる腫瘍を子宮筋腫と呼んでいます。ほとんどの筋腫は良性で、体に重篤な問題を起こすことはないと考えられています。しかし、一部は細胞が増殖して筋腫が成長します。その結果、子宮を圧迫して月経痛を強くしたり、月経の出血量増加につながったりします。明確な原因はわかっていませんが、この筋肉層に女性ホルモンが影響して筋腫が過剰に大きくなるのではないかと指摘されています。

脳の中では女性ホルモンをつかさどる部分と自律神経をつかさどる部分が近く、相互作用により不調を起こしているのではないかと考えられています。まず、高麗人参には交感神経・副交感神経の両方に作用して、自律神経の不調を緩和する作用があります。自律神経失調症の1つの症状に、月経痛や月経不順があることから、高麗人参の間接的なアプローチで子宮筋腫の症状に効果を発揮するでしょう。
また、ストレスが強いことも、自律神経のバランスを崩して女性ホルモンの分泌にも影響を与えます。高麗人参の精神安静作用で、気持ちを落ち着かせるのも子宮筋腫の予防に繋がります。
このように高麗人参には、自律神経と女性ホルモンの間で起こる悪循環を解消して、子宮筋腫を予防・改善することが期待できます。

次に女性ホルモンのエストロゲンを増やして、子宮筋腫の予防や改善に役立てる考え方もあります。実際に医療現場では、エストロゲンを補う錠剤を使うホルモン充填療法が行われています。ただし、副作用がデメリットに挙げられるため、食品から特定の栄養を摂取する方法も注目されるようになりました。例えば、ビタミンB群やビタミンEなどの栄養素はエストロゲンの分泌を促進する働きがあり、これらは高麗人参にも含まれています。
医薬品や副作用に抵抗感がある方は、高麗人参を摂取するほうが自然由来で安心できるでしょう。

さらに、適正体重を維持することでも子宮筋腫の予防が可能です。肥満状態になっている方は、高麗人参でたんぱく質やアミノ酸を補給しながら、適度な運動を心掛けましょう。そして、高麗人参の食物繊維やジンセノサイドは、デトックス効果に優れています。便秘症の方は便秘を改善すると体重管理がスムーズになります。高麗人参のジンセノサイドには体を温め代謝を促進する働きもあるので、基礎代謝をアップしてダイエットしやすくなります。

以上の効果によって、高麗人参は子宮筋腫の予防や改善に期待できます。