活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参で結核予防・改善

HIV(エイズ)の次に死者数が多い感染症といわれているのが結核です。日本国内でも年間3万人程度の患者数で推移していることから、早期の発見と治療が推奨されています。結核のメカニズムを見ると、高麗人参にも効果が期待できることから、ここで取り上げてご紹介します。

結核は、結核菌と呼ばれるマイコバクテリウム・ツベルクローシスの感染によって起こります。空気感染の割合が多いことから、日本で発症する結核は肺に症状が出ることがほとんどです。明治時代までは労咳と呼ばれていました。
免疫力の低い乳児は、生後6か月未満でBCGの予防接種を受けることが推奨されています。ただし、予防接種は義務ではありません。親の判断で決められるので、子供の時にBCG予防接種をせずに大人になっている方もいます。予防接種をすると100%感染しないということではありませんが、万が一発症した場合でも重篤な状態を避けられるでしょう。
結核は、感染してすぐに発症するのではなく、感染した後に免疫力が低下したときにリスクが高まると考えられています。そのため、規則正しい生活やバランスの良い食事、そして十分な睡眠を心掛け、免疫力を維持すると予防の確率が高くなります。
高麗人参は、体温上昇や血行促進作用、腸内環境の改善作用があるので、免疫力向上効果に優れています。また、高麗人参のアプローチで内臓機能がアップすると、栄養の吸収を促すことができるため、滋養強壮の働きも認められています。
さらに、高麗人参に含まれるジンセノサイドは、催眠作用の他、精神的な安静によって眠りやすいコンディション作りに役立ちます。ストレスによる興奮状態を落ち着けるカルシウムも、高麗人参に含まれているので十分な睡眠を得るのに適しています。
その結果、精神的な不安で睡眠時間を減少させたり、睡眠リズムを崩したりすることが予防できるため、規則正しい生活を取り戻すことに活用できます。
適度な運動も結核の予防に繋がります。高麗人参の疲労回復作用、同じく高麗人参に含まれるアミノ酸の筋肉に対する働きかけで、運動しやすい体に導くでしょう。

万が一、医療機関で発症の診断があれば、処方される医薬品で治療をするのが望ましいですが、高麗人参で免疫力を向上すると予防や症状の緩和が期待できます。