活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参の食べ方

様々な効能が期待できると言われている高麗人参は、健康食品の中でも老若男女問わず多くの人に愛用されています。
高麗人参を摂取することで、有効成分であるサポニンが様々な効能を発揮し、健康増進や滋養強壮、美容、ダイエット、不妊、更年期症状改善など、様々な症状に効果があると言われています。

そんな高麗人参ですが、現在では様々な商品が開発され、サプリメントをはじめドリンクや化粧品など、色々な形態で摂取することが可能となりました。
しかし、それらの商品が開発される前は、高麗人参を煎じて飲むという方法が一般的でした。

日本ではあまり馴染みが無いかもしれませんが、韓国などでは「サムゲタン」という鶏と高麗人参とを一緒に煮たスープがあり、人気のある料理なようです。
家庭で手軽に作る場合は、元々加工してある乾燥タイプの高麗人参を使うと簡単に調理することができるのでオススメです。
日本でもネットなどでサムゲタンのレシピを検索すればレシピが沢山ヒットするので、気になる方は一度作ってみてはいかがでしょう。

それ以外にも、探してみると意外と高麗人参を使用したレシピというのは存在しますから、家庭で高麗人参を手軽に摂取するという意味で、普段の料理に取り入れてみると良いかもしれませんね。

ただ、気をつけなくてはならないのが、高麗人参の摂取量が多すぎると、ほてりやめまいなどの副作用が起きる可能性があるということです。
一般的には、1日10グラムが目安であると言われていますが、個人差やその日の体調や生活環境なども影響してきますから、まずは少量ずつ始めていき自分に合った摂取量を見つけていくことが大切です。

また、最も効果的な摂取タイミングというのは食間であると言われています。
これはどの漢方薬にも言えることなのですが、胃が空っぽの状態で摂取することで、吸収が早くなり、またその他の食品の影響を受けないため、効果的に摂取できると言われています。

しかし、高麗人参は効果が高いという点で胃にかける負担もありますから、胃が弱い人は食後や食事中に摂取する方が安心であると思われます。
個人によって効果的な摂取方法は変わってきますから、薬局などの専門的な知識を持った人や信頼できる販売店などに相談しながら、自分に合った摂取方法を見つけるようにしましょう。