活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参の連作

連作と言うのは、1か所の畑で同じ作物を作り続けることを指しています。日本でも農家で作物を収穫するために、良く用いられる栽培方法に挙げられます。
高麗人参のジプシー農法は新しい土地を求めて転々としますが、この連作を用いると定住して高麗人参の栽培が行えます。

連作のメリットは、土地や気候などの条件が一定に保てることです。高麗人参は水はけが良く水の補給に困らない土地で、高温多湿にならないという難しい条件をクリアしなくてはいけません。ジプシー農法では、この条件に適した土地を効率よく発見しなければ、高麗人参の栽培が継続的に行えなくなります。気候条件に大きな変化が起こらないのは、連作の特長だと言われています。

次に連作のデメリットは、土地の疲弊(栄養不足)や病害虫問題などがあります。ただし、連作障害に対しては様々な対処方法が用いられていますので、一般的な野菜では連作障害の解消が行われています。高麗人参は特に畑の栄養度合いが、有効成分の含有量にも影響を及ぼすため、その解決は優先事項と考えられています。土地をブロック分けし作付のローテーションを検討したり、輪作を用いるなどの方法で対応するケースが目立ちます。

高麗人参は1~6年根と栽培年数がグレード分けされており、年数の経過とともに栄養豊富な高麗人参の収穫が可能となります。効果に期待している愛用者は6年根を望む傾向が強く、栽培する側もより良いものを提供するため6年根の高麗人参栽培がメインだと言っても過言ではありません。6年間も高麗人参を栽培した土地は、栄養低下が著しいと古くから伝えられています。

そして、連作障害が起こると高麗人参の価格は高騰し、使用できる方は限定的となってしまうでしょう。
一般的な野菜の連作障害解消より、高麗人参の栽培の方がさらに高度で手間のかかる対処が求められてきました。
健康維持・促進など多様な効果が期待できる高麗人参を手ごろな価格で購入するためには、高麗人参の栽培方法が鍵になると考えて良いでしょう。そのうちの1つが、ご紹介した連作の栽培方法です。