活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参による胃の不快感

健康・美容目的で高麗人参を飲むと、胃の不快感が出たという方もいます。高麗人参が胃を刺激して、不快な感じが出たと思う方は、そのまま飲むのをやめてしまうこともありますが、これは副作用ではありません。安心のために、体に起こる変化を確認しておきましょう。

高麗人参は胃弱に悩んでいる方の改善にも役立つ働きを持っています。高麗人参のジンセノサイドは、自律神経のバランスを調整しながら、ストレスによる悪影響を緩和し、胃を健康な状態に導きます。
精神的な負担から、胃の働きが弱っている方も、高麗人参で改善しようと試みるでしょう。そのような場合、高麗人参の効果で胃は元気を取り戻しますが、弱っていた胃が急に活発になると、体全体の働きや自身で受ける感覚が追い付かなくなることが良くあります。機能バランスが一時的に崩れることで、不快感が出始めると言われています。

例えば、普段の生活で運動習慣のない方が、健康のためにと思い立って激しい運動をすると筋肉痛になるでしょう。動くことに慣れていない筋肉を、急に動かすと筋肉痛になるのと同じことが体の中で起こっているのだと思って構いません。このように活動の低下していた胃が、高麗人参の効果によって活発に動くようになると、今までにない不快感が出やすくなります。人によって感じ方は違いますが、不快感というほど強いものではなく、違和感程度の穏やかな変化が出ることもあります。

ごくまれにパウダータイプの高麗人参を使用する方には、味が苦手だと言って大量の水で飲むケースが見られます。一度に飲む水の量が多いことで、胃の不快感を生んでいることもあります。飲みやすい高麗人参がたくさんあるので、摂取方法を再検討するのも良い改善方法です。

現在のところ、高麗人参によって健康被害が起こったという報告はありません。様々な変化が訪れますが、高麗人参の効果が出始めたというサインなので、無理なく続ける工夫を用いれば問題ないでしょう。
ただし、あまりにも胃の不快感が強い方は、医療機関を受診するなどして不安を解消してください。