活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参で二日酔い予防・解消

仕事の付き合いなどでつい飲みすぎてしまうことも多く、二日酔いはつらくて大変だと言われる症状の一つです。様々な解消方法が取り上げられていますが、高麗人参にも二日酔いを予防したり解消したりする効果があるのでご紹介しましょう。

二日酔いになるのは、肝臓の処理能力を超えるアルコールの摂取が原因だと言われています。予防にも解消にも肝臓の代謝を高めることと、肝臓の許容量以上に飲まないことが推奨されています。
しかし、量を決めて飲むことが難しいシーンもあるので、事前の予防策と翌日の解消策がキーポイントになるでしょう。

まず、高麗人参のジンセノサイドRoには解毒作用があります。肝臓は身体に入ってきた成分を分解・代謝する化学工場のような役割を持っているので、高麗人参で解毒作用を促すと二日酔いの予防ができるでしょう。同じくジンセノサイドRoには抗肝炎作用がありますので、疲れた肝臓が炎症を起こしにくい状態を維持します。
ジンセノサイドCKには肝臓機能を保護する作用があるので、肝臓の働きを守ることにも適しています。
アルコールの分解で忙しい肝臓は、その他の脂肪や糖質の代謝が抑制されると指摘されています。そのためジンセノサイドRk3などの糖質代謝促進作用なども二日酔いになりにくい状態を作ります。
また、肝臓でアルコールの分解をする際に、ビタミンやミネラル類が使用され、体内で不足しがちになることがわかっています。高麗人参に含まれるビタミンやミネラルも、一緒に摂取できるのが利点です。

万が一、二日酔いになっても、ジンセノサイドRfやジンセノサイドRb1には鎮痛作用があるので、起床時に感じる頭痛の緩和が期待できます。
二日酔いの朝は疲労感が抜けない方も多いので、ジンセノサイドRg1の疲労回復作用が役立つでしょう。

以上のように高麗人参に含まれる有効成分のジンセノサイドの他に、ビタミンやミネラルも協力しながら二日酔いの解消を促進できます。さらに、高麗人参を継続的に摂取していれば、二日酔いになりにくいコンディションを目指せるのも特徴です。
お酒の席の前に飲んでおくよりも、高麗人参を摂取する習慣をつけた方が二日酔いの予防・解消効果が高くなると思って構いません。