活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参で逆流性食道炎予防・改善

胃酸が食道に上がることで、胸に不快感が出るのが逆流性食道炎です。原因は多岐にわたるものの、高麗人参の幅広いアプローチで、予防や改善ができるのでご紹介しましょう。

逆流性食道炎は、下部食道括約筋という部分が緩むことで、食べ物を消化するために蠕動運動している胃から胃酸が上がってくること、そして食事の質が変化したことで胃酸が強くなっていることが原因だといわれています。

脂肪分が多い食事をとることが多いとホルモンの分泌により、下部食道括約筋が緩みやすくなってしまいます。さらにたんぱく質の多い食事をすると胃の中にとどまる時間が長いことから胃酸が逆襲しやすくなるのが、逆流性食道炎の基本的なメカニズムです。
高麗人参に含まれるビタミン類は、脂質やたんぱく質の消化を促進する作用があることから、逆流性食道炎の予防や緩和にも適しています。また、高麗人参の有効成分が、内臓機能を向上させるので胃の活動を盛んにすることも期待できるでしょう。

次に、肥満傾向の方にも逆流性食道炎になる傾向があり、お腹周りに皮下脂肪が多くなると腹圧が高くなって、胃を圧迫しながら胃酸の逆流を起こすと考えられています。
高麗人参はダイエットやメタボリックシンドロームにも効果があります。それは、高麗人参の食物繊維が、脂肪分と糖分の吸収を抑制し、便秘解消でデトックス効果を発揮するからです。また、高麗人参に含まれるたんぱく質は筋肉を作るのに必要で、適度な運動を加えることでエネルギー消費量を上げることができるでしょう。さらに高麗人参による体温上昇効果も、体の燃焼力を高めながら体重コントロールに役立ちます。

また、肥満と同じく腹圧で胃酸が逆流するのは、背中が曲がっている方です。特に女性は、年齢とともに骨粗しょう症のリスクが高くなるので、カルシウムの摂取で予防することが推奨されています。
高麗人参のメリットは、カルシウムを含むだけでなく、カルシウムの吸収を促進するマグネシウムを含有していたり、骨として定着するために欠かせないビタミンCも一緒に摂取できるところです。
骨の健康を保てば、背中が曲がって腹部を圧迫するリスクを回避し、逆流性食道炎の原因を解消できます。

胃酸が強くなって起こる逆流性食道炎への高麗人参の効果は、大学による研究結果が示されています。高麗人参が自律神経に作用して精神的な安静状態をもたらすことから、胃酸を正常に分泌させることがマウスの実験で明らかになっています。(参考:富山大学和漢薬研究所 渡辺和夫氏の研究より)

逆流性食道炎の様々な原因があり、個別に対処するのは難しく見えます。しかし、守備範囲の広い高麗人参なら予防策や改善策を簡単にしてくれます。