活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参による発疹

高麗人参は自然由来の健康食品なので、副作用で発疹が起こることはありません。ただし、ごくまれに発疹が出る可能性もあるので、対処方法も含めて考えてみましょう。

便秘などで体に毒素が溜まると、その出口になるのが皮膚だと言われています。便秘になるとニキビが目立つというのも、このメカニズムから来ています。高麗人参は食物繊維によって便通の改善をし、カリウムによって利尿作用を高めるのでデトックス効果に優れていますが、全ての毒素を尿や便だけで排泄しきれないこともあります。残ってしまった毒素が皮膚に現れる可能性もあり、その結果、高麗人参を飲んだら発疹が出たという反応が起こります。
ただし、高麗人参のジンセノサイドには皮膚の回復をする作用も認められているので、発疹は早めに治まるでしょう。そして、デトックスが順調に進み体の清浄化が図られると、毒素の出口に皮膚が選ばれることもなくなります。

また、アトピー性皮膚炎で肌に発疹が出ている方が、高麗人参の副作用で悪化したという健康被害の報告は出ていません。しかし、皮膚が体の毒素排出の出口になって、発疹が目立つ可能性は否定できません。
症状が悪化したのではないかと心配する場合は、かかりつけ医と相談して問題がないことを確認しておきましょう。アトピーのようなアレルギー疾患は、体質だけでなくストレスでも症状を悪化させる可能性があります。高麗人参にもストレス緩和作用や精神安静効果が認められていますが、この高麗人参が原因で発疹が出ているのではないか、と不安になるのは逆効果です。安心して続けた方が、高麗人参の改善効果が高くなります。

高麗人参はゆっくりと効果を発揮して、様々な不調の根本的な改善を行うことができます。しかし、その効果を実感する前に、予期しない体の変化が起こることもあります。ほとんどは不安思う必要のない症状ですが、気になることはその都度解消しながら、高麗人参を使うようにしましょう。
不調のような変化を感じたからと言って高麗人参を飲まないと、また再開しても同じ症状が起きて完全に止めてしまう可能性があります。好転反応があるものだと理解していれば、効果の実感が出るまで挫折せずに安心して続けられます。