活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参でパーキンソン病予防・改善

パーキンソン病は脳の伝達物質の減少によって起こる病気で、聞きなれない方がほとんどですが、日本には10万人以上の患者がいると推計されています。50代以降に発症するケースが多く高齢化に伴って、増加が予測されています。このパーキンソン病に対して、高麗人参でアプローチできる可能性があるのでご紹介しましょう。

パーキンソン病は脳の伝達物質であるドーパミンの分泌量が、20%を下回った時に発症すると言われています。神経の伝達が不十分になることで、手足の震えやこわばり、転びやすくなるなどの症状が出始めます。

高麗人参は、有効成分のジンセノサイドRb3に神経細胞保護作用があるので予防の観点からも期待できるでしょう。さらに、認知症に対し効果的なジンセノサイドPPDは神経回路網を再構築する作用があり、伝達が不十分になるパーキンソン病にも効果的だと考えられます。

パーキンソン病患者の傾向を見ると、発症前に便秘の症状を抱えていたことがわかっています。そのため、高麗人参の食物繊維やジンセノサイドによる便秘解消ができれば、パーキンソン病を予防する可能性があります。実際に50~70歳までの男性で便秘傾向のある方がパーキンソン病になる確率は、便秘ではない男性と比較して3~4倍だという報告があります。
また、パーキンソン病を発症する前の症状にうつ病の傾向も見られます。高麗人参は、交感神経と副交感神経のバランス調整をして、精神的な問題を解決に導く働きを持っており、パーキンソン病の前段階にも効果的です。

パーキンソン病は、中脳の黒質に問題が起こりドーパミンの分泌量が減少するのではないかと指摘されています。そのため、血行促進で脳に酸素や栄養を送り、脳の活動を維持することもパーキンソン病の予防策にできるでしょう。
高麗人参はジンセノサイドだけでなく、食物繊維やカリウムなどの働きで血行を促進するパワーを持っていることからも、パーキンソン病に対して効果的です。

50代以降で年齢とともに増加傾向にあるパーキンソン病は、認知症と間違われるような症状を持っています。高麗人参を摂取していると認知症とともにパーキンソン病に対する予防・改善効果も期待できるので、早い段階で検討すると満足の効果が得られるでしょう。