活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参で心筋梗塞予防・改善

生命活動を維持するために欠かせない心臓に起こる疾患の1つが心筋梗塞です。日本人の死亡原因の中で第2位に挙げられる心臓疾患の多くが、心筋梗塞と言われており予防や改善が求められています。高麗人参には、心筋梗塞の予防につながる働きがあります。

心筋梗塞は、心臓の細胞に酸素や栄養を送り届ける血管に梗塞(詰り)や狭窄(狭くなる)ことで、心臓細胞の壊死状態が起こります。心臓の筋肉が血液不足を起こして、胸の痛みが現れます。発作が治まっても、心臓の筋肉が再生する確率が低いため、心臓の機能が低下し日常生活は大きく変わると考えて良いでしょう。

血栓を作らないことが非常に重要なポイントで、そのためには動脈硬化予防も合わせて検討することになるでしょう。ここで役立つのが高麗人参です。
高麗人参のジンセノサイドには細分化された種類があるものの、全般的にプラスミン活性化作用を持っています。プラスミンは血栓を溶解する作用と持っており、この働きを活かした血液溶解薬があるほどです。心筋梗塞や脳梗塞で医療機関に運ばれた患者に投与する「t-PA」という薬は、組織プラスミノーゲン活性化因子のことです。プラスミンを活性化させて、詰まった血栓を溶解するために使用しています。
このような働きが期待できる高麗人参を摂取していれば、仮に血栓ができても大きくならないようにすることが可能だと考えられています。
さらにジンセノサイドRg5には抗血栓効果が認められており、心筋梗塞の予防にも有効でしょう。

食生活の欧米化によって、脂肪分や糖分の過剰摂取が心筋梗塞にも繋がると言われています。
高麗人参には食物繊維があり、食物繊維は腸の中で脂肪分と糖分の吸収が過剰にならない働きをしてくれます。ジンセノサイドRk1には脂肪代謝促進の作用もあるので、血液が固まりにくくサラサラの状態で流れるコンディションが維持できるでしょう。

そして、ジンセノサイドRb3には、心臓機能障害を改善する作用が確認されていますので、心筋梗塞の発作を起こしてしまった方にも、一定の効果が期待できます。
出来れば心筋梗塞の発作が起こらないようにするのが理想的です。そのためには、危険因子となる脂質異常や高血圧、そして糖尿病に対しても予防・改善効果が期待できる高麗人参を、毎日の健康習慣に取り入れることをお薦めします。