活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参の保湿効果

乾燥による肌トラブルが多いことから、スキンケアの中でも保湿が重視されるようになりました。そこで高麗人参に期待できる美容効果のうち、保湿を取り上げて解説しましょう。

乾燥する肌には水分を補って閉じ込めることが必要です。そのため、化粧水を肌の奥まで浸透させ、クリームなどの油分を含むアイテムで覆う方法が薦められています。その他には、内側からも潤いのもとを補給するテクニックも、今ではスタンダードな方法となりました。

高麗人参の保湿効果は、含まれている脂質で肌細胞膜や肌バリアの皮脂を補給するだけではありません。ビタミン類も含んでいるので、角質の中にある天然保湿因子を維持することにも役立ちます。一般的に角質というと乾燥したものをイメージするかもしれませんが、十分な保湿ができていれば約30%の水分量を保つことができます。

高麗人参に含まれるビタミンEは、角質層の表面を守りながら、血管も健やかにすることで、滞りがちな血行をスムーズにしながら保湿作用も担っています。外的刺激による酸化を抑制できると、みずみずしい肌細胞をキープする作用も期待できるでしょう。肌の保湿が十分だと、肌に透明感が生まれるので、高麗人参の保湿効果には期待が寄せられています。
さらに、肌の酸化を予防するには、ジンセノサイドRk3やRh4などが持つ脂質酸化抑制の作用も役立ちます。

また、高麗人参にはアミノ酸・タンパク質も含有していますので、肌細胞を形成するときにも使われます。
古来より高麗人参に期待されていた効果は、血行促進や疲労回復などですが、このような効果も肌の潤いに働きかけることがわかっています。
血液によって体の隅々に水分まで運んでいるので、サラサラの血液がしなやかな血管の中で順調な流れを保っていると、インナードライの状態を軽減できるでしょう。肌の奥の水分量を満たしておくにも、高麗人参が効果的に働きかけます。

以上のような保湿効果が高麗人参に期待できます。高麗人参のサプリメントも有効ですし、日ごろから水分摂取量の少ない方は、高麗人参茶として摂取するのも良い方法です。