活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参で肝臓病予防・改善

静かなる臓器とも呼ばれる肝臓は、想像以上にたくさんの役割を担っています。肝臓への負担から病気を発症しても、自覚症状が出にくいのが肝臓病の特徴です。肝臓病に対して高麗人参が良い効果を発揮すると言われていますので確かめてみましょう。

肝臓の仕事は実に多く、血液を循環しやすくする体液を生成していたり、解毒や中和、ビタミンの保管庫、血液を作ったりすることなどにも関わっています。
例えば、体内でのアルコール分解や脂肪の分解も肝臓が担っているので、飲酒と脂肪分の多い料理をともに好む方は、肝臓に二重の負担をかけていると考えても良いでしょう。そのほかに、風邪をひいて風邪薬を飲んだとしても、効果が出るまでのプロセスに肝臓が関わっていることから、「体の中の化学処理工場」とも呼ばれています。
心臓と同じレベルの「働き者」である肝臓に負担をかけ続けると、脂肪肝や肝炎、肝硬変、肝臓がんなどの疾患になるリスクが高くなってしまいます。

高麗人参の働きかけについては、国内の病院で慢性肝炎患者に対する臨床試験が行われています。その結果、高麗人参が肝臓のたんぱく質合成機能を向上させて、肝細胞再生の傾向が見られたと確認しています。高麗人参には血行促進作用があること、そして疲労回復効果によって肝臓への負担を軽くしていること、新陳代謝を促進するので肝臓が働きやすくなるなどのアプローチで、高麗人参は肝臓病に効果が期待できるのではないかと述べています。(参考:日生病院院長山本昌弘氏臨床試験結果より)

高麗人参に含まれるジンセノサイドRoには解毒作用、ジンセノサイドCKには肝臓機能保護作用があるので、肝臓病を予防・改善するのに向いています。
飲酒の習慣がある場合に注意したいのが、肝臓で処理しきれないアルコール分解物質ができると体内のビタミンB1を使用して処理する機能が働きます。また、肝臓でアルコール分解をする際にも、多くのビタミン類が必要になるという説もあります。
高麗人参には、ビタミンB1を始めとしたビタミン類が含まれていますので、飲酒の習慣がなかなかやめられない方のサポートもできるでしょう。

飲酒の習慣がない方でも、脂肪分の多い食事を好むと肝臓に負担をかけることがわかっています。吸収を穏やかにする食物繊維も、脂肪分解を促進するビタミンB1も高麗人参に含まれています。さらに、高麗人参の有効成分ジンセノサイドには、脂肪分解を促進する効果もあるので、肝臓病の予防や改善に適していると言えます。