活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参で腎臓病予防・改善

年々増加する糖尿病で合併の可能性がある腎臓病が、徐々に注目されるようになりました。治療開始が遅れると人工透析のリスクが生まれるため、高麗人参の有効な効果で予防・改善できる理由をご紹介しましょう。

腎臓病にも多くの分類がありますが、腎臓で血液をろ過する機能が低下することによって、体の不調を感じるようになります。腎臓機能の低下が進むと食事制限が必要になり、さらに症状が進むと人工透析によって血液のろ過が必要となる場合もあります。
糖尿病から合併するのは、糖尿病性腎症と呼ばれています。血糖値の高い状態が継続すると、腎臓のろ過機能に負担をかけて、腎臓の機能にまで悪影響を及ぼすという仕組みです。

腎臓病の予防に欠かせないのは、過剰な塩分摂取をしないバランスの良い食事、適度な運動、肥満を避けることなどが挙げられています。
高麗人参にはカリウムやマグネシウムが含まれており、利尿効果が高いことから体内のナトリウムバランスを調整しやすい特徴があります。内臓機能を向上させる高麗人参は、内側の働きを効果的に高めるので、腎臓だけに負担をかけないコンディションが狙えるでしょう。

また、高麗人参には疲労回復効果があるので、疲れを軽減しながら運動を取り入れやすい体に導くでしょう。運動の後の筋肉ダメージを回復することにも、高麗人参のアミノ酸が有効です。肥満を避けるには、脂肪分と糖分の過剰吸収をセーブする高麗人参の食物繊維が役立つでしょう。
腎臓病の予防や改善に運動を取り入れるのは、肥満解消にも必要ですし、筋力アップが求められるからです。腎臓病の自覚症状には足のむくみがあり、体内の水分量が多くなることに加え、足の筋力が衰えるとポンプ機能も低下して起こると言われています。
このことから高麗人参で有効成分を摂取しながら、少しずつ運動を取り入れるとより満足できる効果が得られるでしょう。

1つだけ注意点があり、腎臓病の診断を受けた方が高麗人参を摂取する場合は、かかりつけ医に相談すると安心です。カリウムの摂取に制限が設けられている場合、高麗人参に含まれるカリウムにも注意が必要でしょう。実際のところ、高麗人参に含まれるカリウムの含有量は、明確な数値が公表されていないので栄養コントロールが難しくなる可能性もあります。
しかし、高麗人参を腎臓病の予防に使用する場合は、制限を受けていない段階なので安心して使用できると考えて構いません。
腎臓病と診断されても初期のステージなら、高麗人参の成分が改善効果を示すことは期待できるでしょう。念のため医師や栄養士に相談しておけば、不安を解消して高麗人参を利用できます。