活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参化粧品の特徴とメリット

高麗人参の摂取方法には、色々あります。
生の高麗人参を煎じて飲む方法や、栄養ドリンクとして飲む方法、サプリメントとして飲む方法など様々です。

その中でも人気が高い摂取方法が、高麗人参酒です。
皆さんが良くご存じの養命酒などにも高麗人参は入っているのですが、高麗人参とお酒はとても相性が良いと言われているのです。

そもそもお酒というのは、薬として使われることもあるくらいで、適量をきちんと守れば健康に良いものなのです。
特に日本酒はお酒の中でも栄養価が高く、お酒の原料や発酵することで生じる栄養分がそのままお酒の中に含まれているのです。
身体を温める効果もあり、血行促進や、ストレス緩和にも効果があると言われています。

高麗人参にも同様の効果があり、お酒として高麗人参を摂取することにより、その効果をより促進してくれるのではないかと考えられているのです。

高麗人参酒は、ドラッグストアや通販などで手軽に入手することができます。
しかし、生や乾燥の高麗人参から自宅で作ることもできるので、より安全で高い効果を得たいというのであれば、ぜひご自身で高麗人参酒を作ってみることをオススメします。

作り方は非常に簡単で、基本的には高麗人参をビンに入れ35度のホワイトリカーを注いで日光の当たらない冷暗所で保管しておくだけです。
作成する際の高麗人参の使用量は、乾燥タイプの高麗人参であればホワイトリカー1,8リットルに対して100グラム。
生の高麗人参であれば倍量の200グラムです。

乾燥したものは完成までに3か月から6カ月ほどの期間がかかり、生のものであれば1カ月から2カ月で完成します。

飲み方には特に決まりはありませんが、摂取量は1日10ccが目安となっており、摂取量を越えた量を飲むと副作用が起こりやすくなるなどの危険があるため、摂取量は守るようにしましょう。
飲み方はお好みに応じた形で楽しむことができ、お湯割りや水割り、ロック、炭酸水やジンジャエールで割ったりしても美味しく飲むことができるようです。

毎日お酒を飲む習慣があるという人は、そのお酒を高麗人参酒に変え、健康的な飲酒を心がけてみてはどうでしょうか。