活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参による低血糖

高麗人参を飲んだことで低血糖になったという話を聞くと、血糖値コントロールをしている方は不安に感じてしまいます。しかし、意識低下のようなリスクを生むことはないので、高麗人参と血糖値の関わりを、しっかり確認しておきましょう。

高麗人参は、糖尿病を予防・改善する効果があると期待されています。高麗人参に含まれる食物繊維が、腸内で過剰な糖分吸収をセーブすることや、高麗人参の有効成分であるジンセノサイドが抗糖尿作用と持っていることで、血糖値のコントローするに優れた効果を発揮します。また、高麗人参にはビタミンB1も含まれているので、体の中で糖分の代謝を促進する作用もあります。効率よくエネルギーに変換できれば、血糖値を過度に上昇させることは少なくなっていきます。

以上のような仕組みで、糖尿病の予防や改善に高麗人参を選ぶ方が増えています。しかし、すでに糖尿病の診断を受けて治療を始めている方には注意が必要です。投薬で血糖値を下げていたり、インシュリン注射を使ったりしている方の場合、高麗人参が効果を発揮し始めると、低血糖状態を起こす可能性が高くなることがあります。この場合は、高麗人参の摂取を一時中止して、かかりつけ医に相談することをお薦めします。

また、糖尿病の予備軍の方や、診断を受けても投薬治療が始まっていない方でも低血糖になる可能性があります。
食事の調整や運動を取り入れるなど、生活習慣を見直しながら高麗人参を飲み始めると、とても高い効果を発揮して血糖値を抑えるからです。組み合わせがよくて効果が発揮されるのは良いことですが、血糖値は低ければ低いほど良いというものではありません。高麗人参の摂取量を減らしたり、他の方法を見直したりする必要があるでしょう。

その他には、正常な状態に戻すために起こる好転反応で低血糖になることもあり、深刻な状況にはならない方がほとんどです。しかし、安心して高麗人参を飲むには、様子を見ながら調整することが大切でしょう。