活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参による胸焼け

高麗人参の副作用には、胸やけの症状も挙げられています。高麗人参に期待されている効果の中には、この胸やけと関わるものがあるので取り上げましょう。

高麗人参には、胃弱を改善する効果があります。胃弱はストレスなどの精神的な負担によって起こっており、胃の活動が低下したり、胃酸が強くなって胃壁に刺激を与えたりすることで、食欲低下を促してしまいます。
高麗人参は、まず内臓機能を活性化する作用によって、今まで停滞していた胃の活動を盛んにします。また、ジンセノサイドの働きで、ストレスの緩和や自律神経のバランスを調整することでも、胃が健康的に活動できるコンディションを作ります。

胃の活動力が低下する状態に慣れていると、急に元気に働きだした胃に、関連する体の他の部分がついていかないこともあります。それによって、胸のあたりでむかむかするような胸やけが起こると考えてよいでしょう。

また、ストレスによって胃酸が強い状態に陥っていた場合は、胃酸のバランス調整と胃の活性化のタイミングが合わない状態になっている可能性も指摘されます。胃の活動向上が先行すると、酸性を強く持った胃酸が盛んに胃の中で動いてしまうので、胸やけの原因になっているケースもあるでしょう。

高麗人参の副作用・副効果として胸やけが起こっても、1~2週間程度で治まる方がほとんどです。しかし、胸やけが長引く場合は、高麗人参が原因なのではなく逆流性食道炎などの疾患が隠れている場合もあります。胸やけが治まらず、吐き気などの症状も伴うなら、医療機関と相談することも検討してください。
高麗人参の摂取では、不快な胸やけが長期に渡ることは考えられないので、他の可能性を探ることになるでしょう。

ただし、多量の高麗人参を1日に何度も頻繁に飲んでいる場合は、胸やけが強く出ることもあるので、正しい飲み方に切り替えると不快感が軽減されます。効果の高い高麗人参は、たくさん飲まなくても十分な効果が得られることを理解して使用しましょう。