活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参による頭痛

日本人の15歳以上では3人に1人が頭痛で悩んでいるといわれます。体の不調緩和や健康増進を目的に、高麗人参を摂取した時にも頭痛が気になるという声があります。そこで、高麗人参の働きと、副作用的に頭痛が起こる関連性について考えてみましょう。

疾病や症状の1つとして起こる頭痛には、緊張によって血管が細くなる頭痛や、偏頭痛、脳の血管に関わる頭痛などがあります。
高麗人参の副作用で起こる頭痛は、脳の疾患や血管が細くなる頭痛とはタイプが異なります。強いて例えるなら片頭痛に近い仕組みが働いているといえます。もちろん、偏頭痛は高麗人参の副作用ではないので、同じものだとは考えないでください。

高麗人参は、有効成分のジンセノサイドや食物繊維などの働きによって血行促進します。アミノ酸などのたんぱく質も血管を健やかにして、血流を促していきます。その結果、全身の血行がスムーズになり、当然ですが脳に向けての血流も多くなった状態になるでしょう。

偏頭痛の1つの原因として、血管が拡張することによって、耳の中の三叉神経が刺激されることが挙げられています。このメカニズムと、高麗人参の血行促進効果を合わせて考えれば、高麗人参の良い働きかけによって偏頭痛のような頭痛が起こると考えてよいでしょう。
医学的には偏頭痛と高麗人参の作用に関連があるという説は出ていませんが、高麗人参と頭痛の関わりを理解するには、最もシンプルな考え方です。

血行不良から様々な不調を感じている方は多いので、結果的に高麗人参の血行促進作用で頭痛のような反動を起こしているのでしょう。偏頭痛であれば、医療機関での治療や投薬が必要ですが、高麗人参で起こる頭痛は一過性のものであり、体調の改善とともになくなっていきます。
耐えがたい痛みを感じることはほとんどありませんが、高麗人参を飲んで頭痛がつらいと思うときは、耳の後ろを少しだけ冷やすことで、痛みの緩和にはつながります。ただし、一部でも冷やすことによって血行が多少阻害されることも理解して対処しましょう。
高麗人参を飲む量を少なくして緩和する方法もあるので、自分自身に最適な方法を選んでください。