活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参で花粉症予防・改善

花粉症はアレルギーの一種で、年々患者数が増えています。厚生労働省で公表した数字では、花粉を含むアレルギー性鼻炎の患者数は、推計で663,000人と言われています。アレルギーは免疫力との関係が強いため、高麗人参の花粉症に対する予防・改善効果も十分に期待できます。

花粉が飛散する時期になると、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみに悩む方が目立つようになります。スギの花粉など異物が入り込むことによって、体の防御機能である免疫が異物に過剰反応をすることで、症状を引き起こすと考えられています。
病院では抗ヒスタミン薬や経口ステロイド薬などを処方しますが、花粉症の薬を飲むと眠たくなると感じる方が多いのがデメリットです。

高麗人参は免疫力を高める効果があると広く知られるようになりました。体のエネルギー代謝が効率よくなるので、体温を上昇させながら免疫力を向上します。
欧米化した食事をとることが多くなり日本人の腸内細菌のバランスが崩れたと考えられるようになりました。この結果、食物繊維の不足により腸内の善玉菌が減少し、免疫力が低下していると指摘されています。高麗人参に含まれる食物繊維は、善玉菌を増やすことに役立ち腸内環境を改善したうえで、免疫力を高めると考えて構いません。同時に高麗人参に含まれるカリウムやマグネシウムの利尿効果、そしてジンセノサイドの解毒効果で、体のデトックスを進めて体内環境を正常化するのにも適しています。

花粉症の症状が出ている方は、くしゃみや鼻水がひどくなり十分な睡眠がとれないのも問題でしょう。高麗人参のジンセノサイドは催眠作用と、症状が出ているときの苛立ちを抑える精神安定作用があり効果的です。精神的な落ち着きをもたらすカルシウムも、高麗人参に含まれています。
ストレスによって免疫力が低下すると指摘されていることから、自律神経のバランスを整えたり、気持ちを落ち着けたりする成分を持つ高麗人参は、花粉症の予防や改善に向いています。

病院では血管収縮役を処方して、症状を抑える場合もあります。しかし、血管を収縮するには交感神経を刺激するのも有効な手段です。交感神経や集中力のアップだけでなく、瞬時に体が動かせる緊張状態を作る働きをするので、高麗人参のトリオール系ジンセノサイドの中枢神経興奮作用が役立ちます。

高麗人参は健康食品として摂取するため、副作用リスクが低い特徴を持っています。医薬品の副作用で眠たくなるのは困ると考える方は、高麗人参を使用して花粉症の予防や症状改善に活用することも検討しましょう。