活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参はいつから摂ればいいのか

疾病の予防や改善にも役立つ高麗人参ですが、摂取を始めるタイミングがいつなのかという疑問を持っている方も多いです。高麗人参はいつから摂ればいいのかを取り上げてご紹介します。

高麗人参は、生活習慣病の予防効果にも期待が寄せられています。疾病の診断を受けた後でも一定の改善効果は認められているのですが、やはり未然に防ぎたいと思うなら診断を受ける前の段階で、高麗人参を摂り始めたほうがよいでしょう。
生活習慣病の中でも家族歴がある場合は、遺伝的に疾病にかかりやすい傾向が見られます。糖尿病の家族がいれば、糖尿病になる確率はほかの人よりも高いと考えるのが妥当なところでしょう。もちろん、家族歴があっても発症しない方は大勢いますが、念のために予防効果が期待できる対策をしておくと安心です。予備軍と呼ばれる前に、高麗人参を飲み始めるのが良いタイミングです。
もちろん、生活習慣病の診断を受けた後でも、症状の緩和が期待できるので、すでに診断を受けている方も高麗人参の摂取が無駄になることはありません。

さらに、高麗人参には認知機能の向上作用があります。高齢化によって現代の特徴的な病気となった認知症を、予防する効果も期待されています。認知症には様々な種類があり、その中には15~20年かけ脳に原因物質が蓄積して、発症するアルツハイマー認知症があります。

内閣府の2012年の調査では、65歳以上の高齢者の7人に1人が認知症と公表しています。平均発症年齢に関しての発表はありませんが、仮に65歳と考えた場合その15~20年前の45~50歳ころには高麗人参を摂取すると、予防としての効果が期待できるでしょう。高麗人参は医薬品ではないので、100%予防できるとは明言できませんが、生活習慣を調整しながら高麗人参を摂取すると、効果を高めることにも期待できます。

高麗人参は体に負担をかけないように、ゆっくりと効果を発揮する傾向があるので、予防として使用したい場合はできるだけ早く始めるのがお薦めです。
以上のような考え方を当てはめながら、高麗人参をいつからとればいいのか、自分に最適なタイミングを選べるのも高麗人参の特徴です。