活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参の成分抽出方法はどれがよいのか

高麗人参の成分抽出方法で知りたい情報は、結果的に最も優れている方法がどれなのかということでしょう。ここでは高麗人参の成分を最も引き出す抽出方法をご紹介します。

水抽出は高麗人参の抽出方法として最もポピュラーな存在です。高麗人参のサプリメントやエキスを販売しているメーカの多くが、この手法を用いて有効成分を抽出しています。有効成分の含有量が優れていることや、アルコールを使用していないことからどなたでも使用できる点がメリットとして評価されます。一方、価格が高いため継続して利用するのは難しいと言う指摘もあります。

そして、アルコール抽出と水抽出のメリットを生かすために、含水アルコールを使用した抽出方法も有効です。たんぱく質やアミノ酸などの成分はアルコールで抽出しきれないのがデメリットでしたが、含水アルコールを使って抽出することで、成分量を多く引き出すことができます。
100%濃度の水抽出だけで得られるサポニンの抽出量は50%程度、100%濃度のエタノールだけを使用すると20%程度の抽出率です。しかし、エタノールの濃度を35%にするとサポニンの抽出量は45%以上に上がるので、例えば、水を65%とアルコールを45%の濃度のような含水アルコールを使用すると抽出率が理想的に上昇します。しかも、この抽出率を得るまでの期間は、水抽出より含水アルコールの方が短期間なのは大きなメリットです。
比較的安価に購入できることから含水アルコール抽出の高麗人参は注目されていますが、アルコールに弱い体質の方には注意が必要です。ただし、アルコール成分が含まれるため、液状の高麗人参エキスを使用する場合は、消費期限が長くなる利点があります。

そのほかには低温で圧力をかける抽出方法も用いられます。果汁でも濃縮する際には加熱の工程があるので、栄養素などが失われると言われていました。しかし、低温のままで圧力をかけて濃縮すると、栄養素や有効成分を十分に抽出できることから、高麗人参の抽出方法にも使用されています。低温で圧力をかける抽出方法は、時間がかかる点がデメリットです。

利用する方の希望に合わせるなら、一切アルコールを使用していない抽出方法なら水抽出が良いです。値段が高くても本来の高麗人参本来の効果を期待したい方、仕事で車の運転をする方、アルコールが体質に合わない方にも安心だからです。
そして、含水アルコール抽出した高麗人参は、値段の面でも継続しやすく、比較的低予算でも始めやすい品質だと言われています。価格帯を比較しても利用者が多く分布しています。
さらに、低温で圧力を加える抽出方法は、水抽出よりも有効成分の含有量の高さに期待できますが、価格は水抽出より少し高い設定だと思って構いません。
予算と効果に対する期待度のバランスで選択すると、高麗人参の効果が実感しやすくなります。