活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参で消化器病予防・改善

非常に広い範囲の疾患を含む消化器病ですが、その中の複数に対して高麗人参の効果があると期待されています。予防や改善によって、健康的な生活を維持することも叶うので、ここでいくつか取り上げてみましょう。

まず、消化器に含まれる臓器には食道・胃や小腸・大腸、肝臓、肛門があります。
高麗人参の肝臓病に対する効果は高麗人参で肝臓病予防・改善で解説していますので、他の消化器病に対する効果を考えていきましょう。

食道の病気で近年取り上げられるのは、逆流性食道炎でしょう。主な原因にストレスが挙げられているので、高麗人参のジンセノサイドによって自律神経のバランスを整えるのが有効な手段だといえます。
さらに高麗人参が持つカルシウムやビタミンCも、昂った気持ちを静めながらストレスを緩和して、逆位流性食道炎の予防や改善に役立つでしょう。

次に、胃の病気で注目されるのは胃潰瘍や胃炎です。この2つの病気もストレスが原因であれば、高麗人参のジンセノサイドによる精神安定作用が役立ちます。
富山大学和漢研究所では、強いストレスを与えたマウスで実験を行っています。著しい出血を伴う潰瘍に対する実験でしたが、高麗人参を与えたマウスには良い効果が見られたことが認められています。

小腸や大腸では、潰瘍などの疾病の他、大腸炎や大腸がんなども問題視されています。高麗人参を活用してストレスの緩和を積極的に行うことで、潰瘍の予防は可能でしょう。
さらに高麗人参で食物繊維を補うことも含めて考えると、腸内環境を改善して腸の中で有害な働きをする菌に殺菌効果が発揮できるようになります。腸壁をダメージから守ることに繋がるので、健やかなコンディションを維持するでしょう。

肛門の疾患で多いのは痔で、便秘などを繰り返すことによって負担がかかると症状が出ると言われています。便秘の原因は、ストレスや食物繊維不足、体の疲れによって起こることが多いので、これらの原因の全てに有効なアプローチができることを考えると、高麗人参の摂取が有効だといえます。

以上のように、消化器病の中でも罹患率の高い疾患に高麗人参の有効成分が、効果的に働きかけると考えて構いません。
高麗人参の予防・改善効果が認められていても、出血を伴う症状があれば迅速な治療が必要になるため、早めに医療機関を受診することをお薦めします。高麗人参は副作用リスクを低減して、穏やかな効き目を望むときに活用するのが理想的です。