活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参でうつ病予防・改善

うつ病は、2008年に厚生労働省が行った調査で100万人以上の患者がいることがわかっています。「心の風邪」とも呼ばれるほど知られるようになったうつ病にも、高麗人参の効果が期待されています。

うつ病は、脳の中の神経の伝達に問題が起こり諸症状が出ると言われています。生命活動を維持するために、脳は神経網で命令を伝達していますが、感情についても同じ仕組みが働いています。
特にセロトニンやアドレナリンという脳の中の伝達物質が感情に関わっていて、分泌量の変化に伴いうつ病の症状が出やすくなります。気分が落ち込んだり意欲が失われたりする心の症状の他に、眠れない、疲れやすい、動悸がするなどの身体症状が出るのも特徴でしょう。

うつ病の手前の状態に挙げられるのが自律神経失調症です。交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、様々な症状を引き起こしています。高麗人参の有効成分ジンセノサイドは、交感神経にも副交感神経にも働きかけて、バランスよく調整する働きに優れています。
一般的には、交感神経もしくは副交感神経のみに働きかける成分が多いのですが、高麗人参は双方に対しての調整作用があるので、高い評価を得るのも納得できるところでしょう。

さらに、ジンセノサイドRb1の持つ催眠作用は、うつ病の症状にも改善効果が期待できます。そして、うつ病では神経伝達に問題が起こっているため、高麗人参の有効成分によって脳の神経細胞を保護したり、神経回路網を再構築したりする効果が役立ちます。

うつ病の身体症状には、疲労感があり、疲れるから動かないという連鎖を起こします。また、食欲にも大きな変化が出ることから、体重増加を招くのも特徴です。高麗人参は疲労回復効果や疲れにくい体作りを支えることができます。また、高麗人参が食欲の調整にダイレクトに働きかけることはありませんが、内臓機能を高めることから栄養吸収やエネルギー代謝をしながら、体重をコントローするのにも適しているでしょう。
便秘を伴う患者がいるのも、うつ病に見られる傾向で、高麗人参の食物繊維が便秘改善効果を発揮し身体症状を緩和します。

日常生活の中には、人間関係の問題などマイナス要因のストレスの他、出産や昇進などプラス要因のストレスも存在しています。これらが大きく影響してうつ病の原因になると言われるため、日ごろから高麗人参のような健康食品を活用して、うつ病の予防をするのも良い方法です。