活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参で脳梗塞予防・改善

脳の血管に血栓が詰まったり、血管が細くなったりして起こる脳梗塞は、脳細胞にダメージを与え、日常生活に支障が出る病気です。健康的に長生きするためには予防したい病気ですので、兆候と高麗人参の働きかけをマスターしましょう。

脳梗塞の原因に挙げられるのは、糖尿病や高血圧、そして動脈硬化が挙げられます。これらの症状に効果を発揮する高麗人参は、脳梗塞の予防にも効果的だと言えます。また、脂質異常や肥満も、脳梗塞の原因に挙げられます。高麗人参は食物繊維が脂質の吸収を抑えながら、脂質代謝を促進するので、同じく効果を発揮すると考えて構いません。

そして、脳梗塞で大きな問題となるのが、血栓と呼ばれる血液の固まりです。高麗人参のジンセノサイドには、血栓を作りにくくする作用が認められているので、脳梗塞の予防や改善に効果的です。
水分が不足することも脳梗塞の原因となりますので、高麗人参茶として摂取すると水分とともに役立つ栄養成分が一緒にとれるのがメリットです。

脳梗塞の兆候に、ろれつが回らなくなることや片足に力が入らない、障害物がなくてもつまづくなどがあります。兆候に当てはまることを感じている方は、高麗人参の摂取もお薦めですし、不安を解消するために医療機関を受診するのも良いでしょう。
脳梗塞を含む脳血管疾患の患者数は120万人近くおり、そのうち5%程度の方に再発が見られています。脳梗塞の予防にも、症状の改善・再発予防にも高麗人参の効果が期待できます。

高齢化に伴い増加している認知症の中には、脳血管性認知症があります。脳梗塞などが既往病の方に多く見られており、脳のダメージが回復しないまま認知症に至っていると言われます。高麗人参の様々な成分で脳梗塞を回避し、さらにジンセノサイドの認知機能への作用も活用できれば、将来に向けた安心材料になるでしょう。

脳梗塞の診断を受けて投薬治療を始める方もいますが、使用する薬には副作用リスクが指摘されるものもあります。投薬を長く続けるのは、費用も精神的な負担も大きなものとなるため、できれば高麗人参を使用して予防策を充実させた方が賢明でしょう。
ただし、高麗人参さえ使用していれば、生活習慣や運動習慣を改めなくて良いということではないので、誤解のないように検討してください。