活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

年齢別の高麗人参の摂り方

年齢によって高麗人参に求める効果は異なり、その摂取方法も変わります。ライフスタイルや健康状態に合わせて、年齢別の高麗人参の取り方を考えると便利で快適に使えるでしょう。

子供のころに成長を促す栄養補給や体力をつける目的で、高麗人参を飲む場合があります。市販している高麗人参は、成人を基準に考えた目安量を決めているので、大人が量を調整して子供に飲ませたほうがよいでしょう。また、味や香りに敏感な子供が多いので、お茶やパウダー状のものを使用しないのも賢い摂り方です。
味や香りをダイレクトに感じない方が、子供が嫌がることも少なく、健康のために続けて摂取することができます。粒タイプを選ぶときは糖衣タイプかカプセルタイプで、粒が小さいほうが子供にとって飲みやすいでしょう。

10代や20代になると、男女ともにダイエットや美容目的で高麗人参を摂ることが多くなります。学生や新社会人がメインの年代で、健康食品の摂取目安を把握していない人もいるので、1日の目安量を確認して使用することが大切です。さらに、この年代は外出することが多く、持ち歩いて飲める高麗人参が向いています。
ダイエットや美容が目的の場合は、高麗人参の体を温める作用がおすすめです。効果をより実感するためには、お茶タイプをホットで飲むのが理想的な高麗人参の取り方です。コーヒーや紅茶などの苦みのある嗜好品にも慣れてくる年代なので、味や香りが苦痛になることは少ないでしょう。ただし、長期間摂取を続けるために、自分が飲みやすい方法を確立しておくことが大切です。

30代や40代に入ると、少しずつ健康志向が高まってきます。本格的ではないものの体力の低下を感じたり、仕事を任される立場になるのでストレスも多くなったりするでしょう。
生活習慣病の予防やストレス緩和に高麗人参を使用するときは、朝食の前に高麗人参を飲むのがお薦めです。アミノ酸が吸収されて夜になってから心身ともにリラックスできるので、快眠による疲労回復も期待できます。食事の前に飲むと、食物繊維の働きなどによって過剰な糖分や脂肪分の吸収も抑制できるでしょう。内臓機能を向上させ、体力をつけることもできるので、1日の活力を得るにも役立ちます。

50代からは、仕事や毎日の忙しさが落ち着くものの、自分の今後について不安を感じる年代です。将来の健康を意識して高麗人参を摂取する方も増えていきます。また、子育てがひと段落している年代でもあるため、多少値段の高い高麗人参でも使えるようになります。
高麗人参の効果をより感じるために、毎日の摂取の他、運動を取り入れるのも効果的です。高麗人参のたんぱく質やアミノ酸がサポートしてくれるので、運動しやすい体に導くでしょう。体力を維持しながら、生活習慣病の予防や改善をすることにも役立ちます。

60代や70代になると、すでに生活習慣病の診断を受けていたり、投薬治療をしていたりする方もいます。これからもまだ自分の時間を健康的に過ごしたい、できれば子供には迷惑をかけたくないと思って高麗人参を摂取する方が増えてきます。
加齢により嚥下機能(ものを飲み込む力)の低下が多少出るので、パウダーをそのまま飲む高麗人参は避けたほうがよいでしょう。糖衣になっているタブレットタイプやカプセルタイプを使用すると、飲みやすく健康維持・体調改善も快適になります。
また、生活習慣病の改善を目的とするなら、処方薬との飲み合わせに注意しましょう。医師に相談したり、処方薬とは飲むタイミングをずらしたりするのが、高麗人参の摂り方で大切なポイントになります。

以上のように年齢別の高麗人参の摂り方を参考にしながら、効果的に使いましょう。