活用しよう!高麗人参ナビ

高麗人参ナビ

高麗人参でエイズ予防・改善

エイズは、性行為などにより感染する病気として知られるようになりました。正しい知識が十分に浸透したとはいえないエイズですが、高麗人参の効果によって予防や改善が期待できるため、取り上げてご紹介しましょう。

エイズウィルスと呼ばれるHIVウィルスは、体液を経由することで感染します。性行為による接触で感染するケースが日本では最も多く、日常生活の中では感染のリスクが極めて低いと指摘されています。ただし、日常生活の行動の中では、かみそりや歯ブラシの供用によって感染するリスクがあると言われるのが実情です。
そして、HIV感染があるからと言って、エイズを発症したということにはなりません。免疫の働きが弱まることによってエイズ発症リスクが高まるので、免疫力向上が重視されています。

免疫力を高めるには、体温上昇や規則正しい生活、バランスの良い食事が良いといわれています。高麗人参には、代謝力向上から体温を高める働きがあると確認されているので、免疫力アップにも効果的です。35.9℃以下の体温の方は、免疫力低下の恐れがあるので、高麗人参などで体温を上昇させるのがお薦めです。高麗人参のタンパク質やアミノ酸は、筋肉を作るもとにもなるので代謝の向上が期待できます。

また、規則正しい生活の中で、睡眠も重要なポイントです。寝ている間に細胞修復を行うなど健やかな体を維持する仕組みが働いています。そのため、質の良い睡眠は、免疫の働きを促進することに繋がります。高麗人参のジンセノサイドには催眠効果や疲労回復効果があるので、睡眠にも良い働きかけができるでしょう。

さらに、食生活のバランスを整えることにも高麗人参が役立ちます。ビタミンやミネラルなどの栄養素を含むのも利点ですし、高麗人参は内臓の働きをよくする働きを持っているので、栄養の吸収を促してエネルギーを作りやすい体が目指せます。
そして、高麗人参に含まれる食物繊維は、腸の中で「善玉菌のえさ」になり、腸内環境を改善することが期待できます。腸内環境をよくすることで、免疫力が高くなることも一般的に知られるようになりました。

エイズを予防するには、HIV感染を起こさないことが重要ですが、万が一HIV感染が起こっても免疫力の低下を抑えることでエイズ発症を遅らせることが可能です。高麗人参の摂取によって、免疫力を向上させることでもアプローチできます。